本当に脱毛ラボの顔脱毛は痛くないのか

脱毛ラボの顔脱毛には、痛みがほとんどありません。これは「痛みがほとんどない脱毛」というコンセプトに該当し、実際に脱毛ラボで顔脱毛を受けた方も「痛みがほとんどなかった」、「まったく痛くなかった」といいます。

そもそも顔というのは非常にデリケートで、皮膚も柔らかく伸びやすい部位です。

骨がわかる額や頬骨の辺りなら痛みもそれほどではありませんが、骨に当たらない頬や鼻下などは痛みが非常に強い場所になります。

さらに肌荒れも起こりやすい部位です。鼻水をずっとかんでいると鼻下が荒れるのを思い出していただければ分かるでしょう。

しかし、脱毛ラボでは美白成分入りの抑毛効果のあるジェルを最初に塗り、それからイタリアの医療機器メーカーDEKA社が日本向けに開発した脱毛器を使って、制毛作用を強化しています。

そのため、肌に直接ダメージを与えず、毛根を傷つけませんから痛みがありません。痛みを感じるのは、肌や毛根にダメージが与えられているからなのです。

しかも、施術時間は短く痛みもないので、「あっという間に終わった」、「苦痛ではない」、という体験談もたくさん寄せられています。

それでいて回数を重ねるごとにしっかりと効果が実感できますので、満足度も非常に高いのです。自己処理では何かと肌トラブルが起こりやすい顔ですが、脱毛ラボの痛みのない顔脱毛では肌トラブルもほとんどなく、自己処理の回数が減ったのもうれしいという人が大勢います。

ほかの脱毛エステで痛みがひどかったという方は、脱毛ラボを検討してみてはいかがでしょうか。



▲pagetop